2015年12月13日

調剤薬局事務の資格を取得する方法

調剤薬局事務を取得するおすすめの方法を紹介します。

調剤薬局事務の資格を取得するパターンは3パターンです。
①通信
②通学
③独学

調剤薬局事務は様々な資格があり、どれを取得していいのかわからないという方が多いですが、安心して下さい。どれも大した違いはありません。

種類は気にせずに、注目すべきは費用と期間だけです。

あとは、①~③の目的にあったものを探して下さい。

いろんな資格があって費用の比較大変だと思うので、こちらのサイトを使用すると便利です。

>>調剤事務の情報|資格取得ならBrushUP学び

複数の調剤薬局事務の講座を比較しながみることができて、ほしいものだけをピックアップして取り寄せることが出来ます。

資料の取り寄せだけなら無料なので使わない手はないです。

①と②はもう自身のライフスタイルに応じて選ぶだけだとおもいますがワンポイントアドバイス。

①通信講座


①の通信は、ひととおり受講が終わると、最後にPCで試験があって、自宅にいながら試験を受けることができるものが多いです。

合格すると合格証が送られてきます。

②通学講座


②通学は時間の制限がありますが、一番モチベーションを維持しやすいです。また、最短3日でとれる超時短コースもあるので、すぐにほしいという方にはお薦めです。

③独学


③の独学は正直あまりオススメしません。調剤報酬の計算は、専門的で独学では理解がむずかしいです。そもそも、あまりいいテキストがありません。

調剤報酬のスペシャリストとして勉強をすすめていくのですが、この調剤報酬のルールは2年毎に改定されるので、常に最新のテキストを使用して勉強しなくてはならない。

独学で勉強しようとしても、テキストの方が追いつかないのです。その点、大手の通信講座であればいつでも最新の情報になっているので心配いりません。

せっかく勉強してもテキストのせいで試験に不合格になるのはイヤですからね。

あと、試験代もバカにならないので、試験代+テキスト代+準備する手間を考えると通信講座での取得はわりとお得だと思う。

調剤薬局事務の資格を検討しているならとりあえず、こちらのサイトでチェックしてみてください。

>>調剤事務の情報|資格取得ならBrushUP学び

月間アーカイブ